初めての電子マネー注意点。

詐欺に注意しましょう

電子マネーはクレジットカードを使わずに大手通信販売サイトで利用することができます。また、コンビニやスーパーと言った身近に買えるものでもあります。そのため今日では多くの方が利用されています。
しかしながらその敷居の低さからSNS等を用いで詐欺にも使われている件も多く見られます。
例えば大人気ゲーム機を用いた例があります。「〇〇(なかなか手に入らないゲーム機)が手に入りました。少し割高ですが販売致します。」というものです。これは購入者と販売者が直接交渉し、販売金額を電子マネーのコードでやりとりするものですが、販売者側がコードだけを使用し実際には販売しないというものです。クレジットカードを持っていない中高生が被害の多くを受けているパターンが多いそうです。

返品が不可能の例が多い

コンビニやスーパー等で購入することが多いものですがそのほとんどが返品が不可であることが多いです。そのため誤って予定していた金額より多く買ってしまい利用しないことになってしまったとしても返品は不可能です。
現在売っている電子マネーは1000円,3000円,5000円,10000円と言ったキリのいい値段で売っています。(中には自分で値段を指定し購入することのできるタイプも存在しています。)そのため3000円の電子マネーを購入し2700円のものを購入した場合300円無駄となってしまいますがこの300円はその利用できるサイトで使わない限り無駄となってしまいます。
また通販サイトなどで使用する場合税金や輸送料などが発生するため3000円ぴったり全部使用場合は少なく、ほとんどの場合で数円から数十円無駄となる場合が多いです。

ショッピングや外食をする時など、電子マネーを導入している場所はたくさんあります。消費者にとって、小銭が邪魔にならず、便利です。

© Copyright Regulated Bit-coin. All Rights Reserved.