メリットとデメリットがある!?

コンビニで使えるが使える店が少ない

日常的に買い物をするお店としてコンビニがあります。お弁当や飲み物、雑誌、その他生活に必要なものが売られています。24時間、365日いつでも開いているので、利用したいときに利用できるのもいい点と言えるでしょう。コンビニではいろいろな支払い方法が選べますが、その中でも便利あのが電子マネーです。スーパー系や交通系がありますが、どちらも利用できるようになっています。系列に関係なく使えるので、他の系列のタイプを持っていても利用できます。コンビニで使えるのはいいですが、まだまだ他のお店では使えません。飲食店や一般的なお店では使えないため、コンビニをあまり使わない人は使う機会が少なくなります。使える店が増えれば利便性も高まるでしょう。

お釣りは出ないが払い戻しができない

電子マネーのメリットとして、買い物をしたときにお釣りを考えなくてよいところがあります。コンビニなどで買い物をすると、必ず小銭が必要になります。事前に小銭を持って行くか、買い物をした後にお釣りとしてもらうかです。どちらにしても重たくてかさばる小銭を持たないといけません。電子マネーは円単位でデータのやり取りをしてくれるので、カードをかざすだけで支払いが完了します。コンビニにしか行かないなら、他にお金を持つ必要がないと言えるかもしれません。デメリットとしては、一旦チャージしたお金を払い戻せない所でしょう。数万円までチャージができますが、その後に現金として使いたくても戻せません。あまり使わないカードにチャージしすぎないようにしないといけません。

電子マネーで決済できる主なシーンは、店舗での支払いに加えて自動販売機やコインロッカー、タクシーなど様々で、日常生活において大変役立ちます。

© Copyright Regulated Bit-coin. All Rights Reserved.